* relish * 


エキサイトにmixi日記も統合して戻ってきました♪
by chiru-run

今年初の梅仕事♪ その1 カリカリ小梅

今年もスーパーでらっきょうや白瓜が出回る季節がやってまいりました~。
そうなるとウズウズなのが梅仕事。私のライフワークにするつもり。

今朝はせっかくの休みというのにまた扁桃腺付近が怪しい感じで微熱&悪寒。
仕方がないのでひどくなる前に、と病院に行ってきたのですが帰りのスーパーで
「小梅」を発見!!!
限られたほんの少しの時期にしか出回らない、小梅。
か、買わなきゃ。焦る私(笑)
ちょっと荷物が重くなるけど、1kg=980円だけ購入。
d0035007_20114545.jpg

以前独身の頃に実家で漬けた事があるのですが、うっかり面倒臭がって翌日まで置いていたら黄色く熟し始めてカリカリ梅にならなかったので、ここは一気に仕込みます。

d0035007_201559100.jpg

まずは一つずつ水に漬けてヘタを爪楊枝で取り除く。
うー、メンドクサイ。しかしこのときに傷のある梅は取り除かないといけないので頑張るなり。
↑ちなみに取り除かれた梅を私は糠漬けの甕に放って、あとで糠床に混ぜ込みます。

卵の殻の薄い白い膜を剥がし、殻は砕いて布に包んでこぼれないようにしておく。
この殻が入るやり方は「脇雅代」先生の本にあったので。
こうするとカリカリに漬かりやすいみたい。
d0035007_2018140.jpg

ボウルに梅を一つ一つ水気を拭きつつ入れて、35度焼酎を50mlほどまぶしつける。
漬け物容器も熱湯消毒の後、分量外の焼酎を吹き付けておく。

面倒なので霧吹きで吹き付けます。なるべく手で触らないこと。
ペーパータオルで拭いたけど、さらしの布巾なんかも梅仕事には合うのですよね~♪

小梅に塩(梅の一割程度の分量、ココでは100g)をまぶし、容器に移す。
卵の殻も投入。

塩は荒塩です、勿論。ボウルから移すごとにまぶしつけたのでムラなくついたかな?
d0035007_20251862.jpg

1日に1-2回ほど上下を返し、4-5日ほどで小梅の色が褪せてきたら冷蔵庫に移す。
一週間たった辺りから食べられる。

以前はカビてしまったんだけど、今回は大丈夫だろうなぁ。
しかも昨年、普通の梅干を漬けた手間に比べればなんと簡単なのでしょう♪
もし赤くしたければ、赤ジソが出回ってきた頃に投入すればいいんだって。
上手くカリカリに漬かりますように。。。

結局微熱があるというのに(勿論、薬を飲みつつ)作業していたら、何となくだるさを忘れていました。でもまだ37.5度の現在。カットパインが美味しいです♡

今年は梅仕事、どうしようかな~?
大きい梅干は昨年初挑戦した分がまだ残ってはいるのですが、年々少しずつでも漬けて
3.5.10.20年…と梅を食べ比べてみたいので、今年も頑張るか!
梅酒は以前クウネルだったか、天然生活だったかの雑誌で
「泡盛梅酒」 「黒糖梅酒」 「ラム梅酒」 「ウィスキー梅酒」なんてのを見たので、
今年は何か変わり梅酒もいいなぁ♪

らっきょうは去年漬けたのがまだ残っているし、夫はそのままだとあまり食べないので
(タルタルソースとかにすると食べてる)
今年はいいかなー?
新ショウガも出回ってきてるし、糠漬けは気温とともにどんどん味が良くなって来たし、
ああ、ワクワクの季節です♡
こういうことをするとなぜかホッとするんですよね(笑)
[PR]
by chiru-run | 2006-05-18 20:36 | 梅仕事06
<< 涙、涙。胸いっぱい。 朕好こう? >>


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
だけど札幌で食べたいスー..
from 『こころんのキッチン』のここ..
おうちでスープカレー。
from たびにっき。
台ふき
from ご飯と器
スープカレーが食べたかったの
from 僕らの現在はまだはじまったば..
It's final!!
from 梅干とまつげパーマ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧