* relish * 


エキサイトにmixi日記も統合して戻ってきました♪
by chiru-run

カテゴリ:梅仕事05( 8 )

赤ジソでおむすび、そしてゆかり

d0035007_7265055.jpg
赤ジソ漬けにするときに作っておいたシソの葉でおむすびを作りました。
中身は「わさびの茎のしょうゆ漬け(市販品)」と「鮭」の二種類。
なんとこの後、勢いで8個も作って残りの6個はラップをして冷凍に。
…というのも我が家はオットが呑んで帰って来て「小腹空いたー」というのが多いので、そんな時のためです。
この時期深夜に「お茶漬けサラサラ」だと、ただでさえ良く噛まない人なので
呑んだ上に夏の疲れた胃が消化不良で翌朝起こしそうなので。。。(笑)

赤ジソの葉なら行楽にも防腐効果があって良さそうです。
来年の梅干作りでも赤ジソの葉は別につけようと思います。
d0035007_728252.jpg

ぎゅうぎゅうに塩もみして漬けたほうの葉は半分はそのまま保存してありますが、
残りの半分は乾燥の後ミルサーにかけて「自家製ゆかり」にしました。
ご飯に掛けたり、和え物に使ったりもいいのですが、急須に入れて「ゆかり茶」も好きだったりします。
市販のものよりもとーってもいい香りです。
[PR]
by chiru-run | 2005-08-08 06:47 | 梅仕事05

土用干し二日目。

梅はいたって順調です。
d0035007_8382070.jpg

昨日の干す前と、干した後。今朝の梅ちゃんです。
ぬれてるのは夜露にあたったからで、こうなると皮もシットリ柔らかい梅干しになります。

昨日は付け上がった梅を入れるカメまで高島屋で購入。
木屋の扱いで、1.8Lで1470円。
この白と赤のの梅はここに入れることになりそう。
あ、でもお裾分けもするから、こっちは3kgの梅かも。
d0035007_8391478.jpg

一つ破れてたので食べてみたら、「すすす、すっぱーい」(`ε´)
でも懐かしい美味しい味の梅干になってます。
こういう、昔ながらのが食べたかったのよね。
[PR]
by chiru-run | 2005-07-29 08:39 | 梅仕事05

土用干し、第一弾!

d0035007_10395318.jpg

台風7号が去った今日は「絶対に暑いはず!!」と狙ってました、土用干しの第一弾です。
4日間の在宅は無理だけど、好天に恵まれて暑そうだし降水率も10%と低いので大丈夫でしょう。

今回はをえびらに一回で干せそうなので
B(赤梅干し 2kg)とC(白梅干 2kg)の計4kgを一度に始めました。


お日様の出る前の涼しいうちから始めるのがコツだそうなので、頑張って8:00amには準備完了。
ベランダのテーブルに新聞紙を広げて、バット二枚を置いて風通しを良くした上に
えびら、そして梅干です。
二時間ほど経って見てみたらいい感じに干せてます。
d0035007_10402715.jpg

くっ付くといけないのでちょっと動かしてみたり。
しわしわと柔らかくなって、塩分が白く乾いてます。
この後、お昼前には友達に逢いに出かけるのでその前に一個一個を裏返していきます。

梅酢の入ったカメはラップを掛けてこれも日光消毒です。
d0035007_10404693.jpg

=====================
この後の予定
・帰ってきたら土用干し初日の梅は一度カメに戻す
・また翌日から土用干し
これは夜露にあてて柔らかく仕上げるために、夜もそのまま外に置く
[PR]
by chiru-run | 2005-07-27 10:41 | 梅仕事05

いよいよ、赤ジソ!

昨日はオット方のママのお誕生日祝いに三人で近くのなじみのおすし屋さんへ。
大将一人で切り盛りするこのお店。
お寿司の前の突き出しやお刺身や、おいしーーーい冷酒も頂いて幸せ気分で帰ってきたら、肝心の赤ジソを買うのを忘れてしまいました(笑)

なんで今朝、10時を待って行きつけの八百屋さんなどを回ったのですが。
無いんです。
慌てて数件廻った結果、ギリギリ高島屋で手に入れられました。
シソの束のまとまったものを二袋と、すでに赤ジソ漬けになっているパックを一つ、しめて1380円。
d0035007_1551271.jpg

加工されているパックの方は当初は頭になったけど、試しに使ってみることにしました。
全部赤ジソを仕込むのも大変だし、味の違いも今後のために知っておこうかと。
d0035007_1551574.jpg

上左*いい葉だけを選んだシソをスピナーで水切りし、梅用のザルに拡げました。右端に比較のタバコが…。大量です。
上中*これから塩でもんでいきます。本当に大量です。
上右*あっという間にこんなにちっちゃくなっちゃった。アクの色がきれいです。二度繰り返し。
下左*梅酢につけるとパッと鮮やかな赤に発色。すごい!キレイ!!指先も紅色に染まりました。
下中*オムスビ用にきれいな葉に塩をして麺棒で伸ばしたシソも用意しました。
下右*シソの葉が梅酢から出てるとかびるので注意して、さっきの葉の束も入れて漬け込みます。終了!
d0035007_15124630.jpg

白梅酢も少し取り分けました。変色を防ぐために黒い焼酎の瓶に入れなおして保存。
潰れた梅があったので取り出してちうちう吸ってみました(笑)
酸っぱいけど梅干の味だぁ!まだ土用干し前なので皮は硬いけど、いい感じです。

今年の梅
A:和歌山産2L×2kg (18%)→市販の赤ジソ漬けを使用
B:和歌山産 L×3kg (18% 半分は追熟させて追い漬け)→自家製赤ジソ漬け
C:小田原産2L×2kg (18%+塩の分量の20%の砂糖)→白梅干
となりました。

これで一仕事終わりました。
でもシソを入れてからのほうがカビの心配がありそうな予感がしてきました。こわーい。
なので入れ物の中も焼酎でまた拭き拭き。
よしよし、偉いぞ自分。

そしてあまり出来の良くない赤ジソの葉でおいしーい「赤ジソジュース」を作ったのでご褒美にゴクリです。
これはまた後日報告します。(美味しいんだよー、キレイなんだよー!!)
[PR]
by chiru-run | 2005-07-10 15:21 | 梅仕事05

そろそろ赤ジソ買わなくちゃ!

d0035007_7121282.jpg

梅干、お蔭様で梅雨にもめげず順調です。
梅酢も沢山あがってきました。
これからの作業は
・白梅酢(赤ジソを入れる前の梅から上がってきたもの)を取り分ける
 梅酢は漬けてから10日辺りのものが梅のエキスも出てきていて、色もよいので
 梅の上2.3cmを残して清潔な瓶に取り分ける。
・赤ジソの準備をする
 きれいな葉だけ取り分けて、塩で揉みあくを取ったものを白梅酢につけて発色させる。
・赤ジソを梅にのせる
 赤ジソが梅酢から出ているとかびてしまうので、梅酢から出ない様にしっかりと入れる。
…というもの。
今週は月初めでお仕事の方が忙しそうだけど、どこかのあたりでやらなくては。
d0035007_7123477.jpg

梅を普段は↑の様にして保管しています。
最近これが「ひょっとこ」に見えて仕方がないとです。
この手ぬぐい、昨年今の家に引っ越してきたときにもう一枚別のおしゃれ柄のとセットにしてご近所に配った物の残りなんだけど、他の柄でカメにかぶせれば良かったかも。
漬物樽のだけは大きいので新聞紙でカバーしているんですけどね。

男前豆腐、食べました。
[PR]
by chiru-run | 2005-07-04 07:16 | 梅仕事05

梅、全て漬け込み完了!

d0035007_8483447.jpg

写真は昨日の朝のですが、追い漬け予定だった梅も全て漬け込みました。
梅酢もしっかりあがってきていていい感じ♪
毎日ムシムシしてるし、暑いし、これからも気は抜けないけどとりあえずは一安心です。
毎日起きてきて「おっはよー」と言いつつ、カメの中をチェックチェック!
このまま順調に行けばいいな♡
[PR]
by chiru-run | 2005-07-01 07:45 | 梅仕事05

梅干、仕込みました。ふう。

d0035007_1943432.jpg
昨日実家から帰って早速旦那サマに買出しを付き合ってもらって買ってきました、ウメ!
そして今日、急遽休みになったのを利用してまた追加で2kg。
これは南高梅で2Lサイズだけど小田原産ということでちょっとお安い!
八百屋さんの女将さんも太鼓判だったので、つい買ってしまいました。

ということで、今年は計7kgです。

この暑い中(横浜は今年一番の暑さだったのに真っ昼間に出歩いて…)、わざわざ少し歩くホームセンターまで行ってカメを一つと盆ザルと重石まで。しかも4.5kgです。疲れた。。。
でもこの「えびら」と呼ばれるらしい盆ザル、時期を逃すと店頭に無さそうで頑張りましたよ。
d0035007_1944155.jpg←こんなに大きいのです。
これらを持って炎天下の中、ヨロヨロと歩いて帰ってきました。
地味な仕事です。




d0035007_20123799.jpg
布巾は以前縫っておいた麻の布巾、
実はこれ本当は麻の「お風呂タオル」。
100円ショップなんかの。
目が網目でしかも毛羽立ちのない麻なので、吸水性がちょうどいいのです。
そのままではちょっと…なのでブランケットステッチをしておきました。
すごく不揃いな縫い目。。。
何かと使えるので重宝してます。

重石は重さをちょっと失敗。Lサイズをあと2kg買い足して5kgでつけるつもりでいたのですが、Lサイズが店頭になくって2Lにしたので、こんなに重いのを一つにするならもっと軽いのを二つ買えば良かった。

私の参考にしている本の通り18%にしましたが、小田原産のウメだけは「きょうの料理テキスト6月号」で見た砂糖の浸透圧を利用して浸かりやすくする、というのも試してみました。
A:和歌山産2L×2kg (18%)
B:和歌山産 L×3kg (18% 半分は追熟させて追い漬け)
C:小田原産2L×2kg (18%+塩の分量の20%の砂糖)

d0035007_19452250.jpg

↑これはAのカメですね。


あとやるべき事はBの追熟分のウメを追い漬けしたら塩漬けが終了。
とりあえずキッチンのワゴンの後ろにまとめて置いています。
d0035007_19512190.jpg

ビニールに入ってるのはCで、このビニールのままのやり方も「今日の料理」方式です。
それと…Aの重し、大きくてカメに入らず仕方なく蓋の上にボールを載せて布巾をかけたその上に載せてます(笑)

d0035007_19582238.jpg
もうここまでやったらついでということで、
昨年の9月に漬けた「洋ナシ酒」を密封瓶から取り出し、
そこに傷のあったウメでウメシロップも仕込みました。

自分でやりだしたことだけど、なんか今日は働いた気がします。
暑さのせいでかなーりぐったり。
これから実家に帰っていた間に溜まってしまった洗濯物を畳まなくっちゃ。
[PR]
by chiru-run | 2005-06-27 19:58 | 梅仕事05

梅酒の日

d0035007_8353983.jpg

6月11日は梅酒の日だって、知ってました?

ずーっと迷ってた「梅酒」か「梅シロップ」、梅酒に軍配が上がり漬けました。ちょうど11日でした、偶然!
梅シロップにしようかと、梅のほし(ヘタ部分をこう言うらしい)をとってフォークでブチブチと穴を開けた後に冷凍庫で凍らせておきました。
なので漬けた後、瓶が汗かくのが嫌でしばらく放置。
右が溶けた後です。

主婦でもない頃に買った「梅干し・ウメ酒・うめ料理Q&A」という梅辞典のようなこの本(なんと定価1350円だったのがユーズドで4000円になってる!)を取り出して読んでみたところ、焼酎35度でないと梅のエキスが出にくいとありました。
でも我が家には25度のがドカンとあります。。。これだけで飲んでも美味しくないし、これで漬けちゃいました。駄目ならまた季節のうちに漬ければいいし。

そして、昨年実家で漬けておいた「梅サワー」を解禁!
梅サワーは「青梅」「氷砂糖」「お酢」を適当な割合で漬けたもの。
これを水で割って夏場に飲むとスッとして私は好きなんだけど、うちの旦那サマは世の男性の
例に漏れず酸っぱ系は苦手のようでした。私専用。
これは、使った後の梅が意外にも果肉がしっかり残っててそのまま食べても美味しかった!
これをそのうちお料理にも使ってみようかな?と考えてます。
d0035007_945726.jpg

そして、実といえば「茂木一○香本家」のびわゼリー、食べたいなと思う頃に高島屋で見つけたので今、毎日食べてます。6月なんだもん、枇杷だよね。
[PR]
by chiru-run | 2005-06-13 06:30 | 梅仕事05


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
だけど札幌で食べたいスー..
from 『こころんのキッチン』のここ..
おうちでスープカレー。
from たびにっき。
台ふき
from ご飯と器
スープカレーが食べたかったの
from 僕らの現在はまだはじまったば..
It's final!!
from 梅干とまつげパーマ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧